きもの あさ川きもの あさ川

振袖 豆知識

しっかり学んで、和の伝統にたっぷり触れて、振袖美人の出来上がり!

半衿(Haneri)

長襦袢に縫い付けて使用する、もともとは汚れ防止の役目の衿です。白無地が基本ですが、装飾的な要素もあるので、特に振袖の時は刺繍や色の半衿もお洒落です。

伊達衿(Dateeri)

着物の衿に重ねて使う飾り襟の事で、コーディネイトのポイントになります。振袖の地色や柄の色と合わせて、組み合わせを楽しみましょう。

衣紋(Emon)

「衣紋を抜く」などと言い、後ろ衿を浮かした具合のこと。振袖なら、握りこぶし一つ分ぐらいを浮かすと綺麗に見えます。

衿元(Erimoto)

半衿、伊達衿、着物の衿を合わせた部分の総称。

身八つ口(Miyatsuguchi)

脇を閉じてない部分で、着付けの時はここから手を入れて整えます。身頃の袖つけ止まりから脇縫い目までがとじ合わせていません。

帯揚げ(Obiage)

帯の上辺りに帯結びで使う小物で、帯締めとともにコーディネイトの重要なポイントになります。アクセサリー感覚で色を選ぶ楽しみもあります。

袖(Sode)

着物の袖の長さにもいくつか種類があります。振袖なら、小振袖、中振袖、大振袖と長くなるほど格調高くなります。着物ならではの優雅な表情のポイントです。

袖口(Sodeguchi)

着物は袖口が広く開いています。この袖口から 長襦袢やひじが見えないように、手を上げる時はもう一方の手を添えましょう。

帯締め(Obijime)

帯がほどけないように、最後に帯の中央に締めるひものこと。帯揚げとともに、色や結び方を工夫してお洒落コーディネイトのポイントです。

おはしょり(Ohasyori)

腰でたくしあげた部分で、ここで着丈を調節します。水平になるようにスッキリと整えましょう。

上前(Uwamae)

着付けた時に柄が前に見える、前身ごろの上になる部分。上前に対し、下になる部分を下前と呼びます。

たもと(Tamoto)

着物の袖口の下方にある、カーブのついた袋状の部分のこと。

足袋(Tabi)

和装用のソックスで「こはぜ」という留め具で固定して履きます。初心者がこはぜが4つ付いた4枚こはぜが履きやすい。サイズは靴のサイズよりも5ミリ小さ目を選びましょう。

振袖 豆知識

江戸時代、振袖は子どもや未婚の女性がきるものでした。18歳になると女性は元服(大人になる昔の儀式)して、いつも着ていた着物のたもとを切って振りを縫ってふさじ留袖にする習慣がありました。
そして現在は、帯幅も広くなり今では振袖は未婚の女性の第一礼装となっております。

振袖にも種類があり、袖丈113cm前後のものを大振袖、袖丈100cm前後のものを中振袖、袖丈85cm前後のものを小振袖と呼び、袖が長いほど、格調が高く、改まった感じになります。
現在の振袖は110cm前後の袖のあるものがの主流となっています。

振袖を着た時のマナーは?

振袖を着るのは七五三以来・・・という人、多いんじゃないですか?
大人の女性としてのマナーはとっても気になるとことですね。振袖を着ると、帯でウエストをしっかり固定されるためか、皆さんとても姿勢が良くなります。その上、裾で足の動きが制限されるためか、とってもおしとやかな歩き方になります。

それだけでも、日本美人の出来上がりなのですが・・・。
着物が初めての方も基本的な所作だけは覚えておきましょう。

歩き方

なぜかチョコチョコと小股になったり、ぞうりをズ―ズーと引きずりながら歩いている人を見かけます。美しくなおかつ歩きやすくするには、 まず『裾割』をしておくと歩きやすくなります。足を肩幅に開き、裾を左右に開くよう膝を軽く2~3回曲げます軽いスクワットするような感じです。その後裾はきちんと直しておきましょう。
いつもより歩幅を狭く、少し内股でおしとやかに。

座り方

椅子に座るとき裾をひざのうえに置く人が多いのですが、腕を動かすたびズルズル落ちてしまいます。そんな時は袖下を太ももの下にはさみこむと腕は自由に動かせて裾がズルズル落ちて汚れる心配もありません。

トイレは?

袖はまず両袖とも左右それぞれ腕に一周巻きつけ、残った袖を帯の下に差し込むみます、袖は落ちてこないし腕も自由に動かせます。裾は長じゅばんも含め両端を持ち上げて帯の上に挟みましょう。床にズルズル着物が落ちないようにできます。
こうすればトイレを我慢する事はありません。

キレイな振袖姿になる為に・・・

振袖を着たときは、身のこなしに少しだけ気をつけましょう。少しの身のこなしの違いで、振袖姿がいっそう輝いて見えます。

まずは着付けをしてもらう前に・・・

着付をしてもらう前に、必ず足袋を先に履いておきましょう。着付けの後にはこうとすると、せっかく着付けた振袖が崩れてしまいます。

足袋がきつくて歩けない!なんてことにならないように、事前に一度履いておくのがオススメです。
着付けの時は、背筋を伸ばし、肩の力を抜いてまっすぐ立ちましょう。このとき足もとは内股気味に立つと仕上がりがよりきれいです。紐を締めてもらう時、ぎゅうぎゅうときつく締められると、後で辛くなってしまいます。そうならないよう、苦しい時はきちんと「苦しい」と伝えましょう。

歩くときは・・・・

いつもの歩幅で歩こうとすると裾が乱れてしまい、歩き方もきれいに見えません。いつもよりちょっと小さい歩幅で歩きましょう。

車の乗り降り

洋服の時のように頭から乗り込むと、裾を汚してしまいます。乗り込むときは、車の座席に背中側から身体をいれ浅く座ります。袖を二枚とも膝の上に重ねてから、ゆっくり前を向くようにしましょう。

降りる時も同じように準備してから降ります。こうすると振袖が汚れにくく、乗り降りする姿もきれいに見えます。

階段の昇り降り

振袖の袖と前側を軽く持ち上げるようにすると、袖が汚れません。

お手洗いの時は・・・

長い袖を汚さないように帯に挟んでおくか、洗濯バサミを持っていって背中側で止めておくと安心です。後で外すのを忘れないようにしましょうね。

水はねには気をつけて!手を洗ったあとにはきちんと水気を取るようにしましょう。

最後に、背中側のおはしょりや帯がめくりあがっていないかどうか鏡でチェックしておきましょう。

振袖を脱いだらすぐにチェック!

振袖は成人式だけでなく、結婚式や式典、パーティーでも着ることができます。次に着るときのため、振袖を脱いだらすぐに汚れがないかどうかチェックしましょう。

軽い汚れなら、タオルにベンジンを染み込ませ、振袖の後ろに別のタオルを当てて汚れの上から叩くようにすると汚れを移すことができます。

自分でのお手入れに自信の無い方や、ひどい汚れが見つかった時は、振袖を買ったお店にご相談ください。また、汚れに備えてあらかじめガード加工をかけておく方法もあります。

振袖・長じゅばん

脱いだらすぐにハンガーにかけて、風通しの良いところで陰干しに。その後汚れをチェック。特に汚れやすい裾、手首周りは念入りにチェック。胸元に食べこぼしが無いかもチェックして。

暖房が効きすぎて汗をかいてしまった、なんて時は必ずお店に相談してください。

汚れの付きやすい前の部分をチェック。結び目や折れ目など目立つしわが付いた時はあて布をして帯の後ろからアイロンを当てます。金糸・銀糸は変色しないように高温や蒸気に気をつけてください。

皮脂や化粧品、食べこぼしなどの汚れが多い部分です。

帯締め・帯揚げ

帯締めの房の部分はアイロンの蒸気を当てて伸ばし、紙でくるんでおくときれいに保管できます。
帯揚げは汚れをチェックして、アイロンでかるくしわを伸ばして保管します。

草履

しっかり湿気を取りましょう。エナメルの草履は固く絞った布で水ぶきを。
油性の汚れは靴用クリーナーで拭き取ります。底の土や汚れはブラシで落とします。

足袋

洗剤を溶かしたぬるま湯、またはおしゃれ着用洗剤で手洗いします。汚れのひどいときや縫い目はブラシで軽くこするときれいになります。後は陰干しをして、よく乾かします。

振袖カタログ請求

  • 振袖 Q&A
  • 振袖 豆知識
  • スタジオファイン
  • 振袖ハートフルエクスプレス
  • 小物コレクション
  • お客様の声
  • お客様の声 募集中
  • 公式Facebookページ
  • きもの あさ川 友の会カード
  • 前結び着付け教室